プッシャーで甘皮の手入れ

プッシャーで甘皮の手入れ

甘皮の手入れをしないままネイリングすると見た目がよくありません。爪の面積がすこし狭くなるので爪が長く見えないからです。

 

 

 

スマートに見せるには甘皮を押し上げることで改善できます。本来の甘皮は、爪と皮膚の間にばい菌が入らないようにするためにできたものですが、現在では放置されたままの甘皮は、ネイルを塗るにも邪魔な存在のようです。

 

 

 

通常、甘皮の手入れにはプッシャーを使用します。ステンレス製のものが多く出回っていますが、なかには木製のものもあります。

 

 

 

ウッドスティックにコットンを巻いてやさしいタッチで甘皮を押し上げている人もいます。ステンレスとは感触が違うので金属のタッチがいやな人は木製のプッシャーを使用するといいでしょう。

 

 

 

甘皮を上手く押し上げられない人は、ネイルサロンでカットしてもらったり、押し上げてもらうといいでしょう。

 

 

 

最初、初心者には難しいかも知れないので、プロの手ほどきをみてから家庭で試してみるのもいいでしょう。