スカルプネイル

スカルプネイル

長く美しい爪に憧れるけど、なかなか自爪を伸ばすことが出来ないという人も多いことでしょう。爪が薄かったり、二枚爪になってしまったりすると、伸びる前に折れてしまったりすることがよくありますね。そこで、ネイルの技術として多くのh人が取り入れているのがスカルプチュアです。

 

 

 

スカルプチュアとは人工爪のことであり、一般的にはスカルプチュアというとアクリリックネイルと呼ばれるアクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜたミクスチャーを使った人工爪を使用します。ジェルネイルと比べると硬いのが特徴的でジェルネイルのようにUVライトで硬化させるのではなく自然硬化によって固まります。

 

 

 

スカルプチュアのメリットはこの硬さがあるからこそ自在に長さを調節出来ることであり、自爪では到底出来ないようなアートを楽しむことができ、立体的なデザインなどを作ることも出来ます。スカルプチュア自体が丈夫なので自爪のように折れてしまう心配が少ないのが魅力的ではないでしょうか。ですがその反面デメリットもあり、一番に挙げられるのが自爪への負担です。

 

 

 

スカルプチュアを自爪により密着させる為には自爪を削って爪の表面を慣らすことが必要になり必然的に自爪が薄くなってしまう可能性があります。また除去する際には溶液が強い為、人によっては肌に合わないことがあるようです。美しいアートやデザイン性の高いアートを楽しむことが出来るスカルプチュアですが、デメリットがあることを知り、少しでも不安に感じる場合には担当のネイリストに相談することが重要なのではないでしょうか。