海外から見た日本のネイルアート

海外から見た日本のネイルアート

海外でもネイルアートなどは盛んに行われており、ネイルサロンも数多く存在します。アメリカではスカルプを中心に長さを出すものが好まれたり、フレンチが主流だったりします。

 

 

 

これに対して日本のネイルアートは繊細で細かなデザインや斬新なデザインが多いと言われているようです。この部分が海外から評価を得ている部分であり、日本のネイルアートの技術は世界でも1、2を争うものなんだそうです。

 

 

 

元々ネイルアートは日本ではなくヨーロッパで生まれたものですが、日本人の細かな技術力の高さやデザインなどの感性の高さが海外でも高く評価されています。常に流行の最先端をいく美容業界では日々新しいアイディアが取り入れられ、ネイルアートに反映されています。

 

 

 

これが海外から絶賛される最大の要因なのです。海外では多くの日本人のネイルアーティストが活躍しており、日本人というだけで重宝されるなんて話もあるぐらいですから、海外から見た日本人のネイルに関する技術や感性は非常に高いことがわかりますね。日本ネイリスト協会が毎年開催しているネイルエキスポは世界最大級のネイルイベントとも言われており、世界中から注目されているイベントの一つでもあります。

 

 

 

海外からも多くの人が訪れ日本の新しいネイル技術やデザインなどを勉強する場となっているのですね。海外で生まれたネイル技術が日本人の感性によって磨かれ、海外に日本の感性を発信するツールとなっているのではないでしょうか。ネイリストを養成するスクールなどにも海外からの留学性がいたりと、海外からネイルを学びに来る人も増えています。